Loading...

カイロプラクティック症状別 治療事例

30歳女性 主訴「頭痛・肩こり・首の痛み」

N・Aさん 女性 30歳 デスクワーク

昔から慢性的に肩こりと腰痛がありました。

2週間前に体調を崩したのですが、その時から肩にきゅっと力が入ってしまい、それをきっかけに肩こりがひどくなったように感じます。

肩甲骨の内側が痛く、頭痛もします。

常に肩と首は痛くて、初めは頭の後ろの方が痛かったのですが、今はどこが痛いか分からないくらい全体的に頭が痛いです。

夜寝ていてもズキズキと痛いので、薬を飲んだりしています。


担当カイロプラクターより

Aさんは筋緊張性頭痛が起こっていると思われます。

初めは後頭下筋の過緊張による痛みが後頭部だけに起こっているようでした。

しかし、そのまま我慢して無理をしたので、痛みのために他の筋肉まで緊張しはじめ、側頭部や目の裏にも痛みが起こってしまった可能性があります。

なぜ筋肉が過緊張を起こしてしまったかというと、まず1つには姿勢の悪化が上げられます。

背中が丸まってしまい、顎が前に突き出すような姿勢になっていました。

この状態では後頭部のすぐ下に付着する後頭下筋群が緊張してしまいます。

その後、さらに頭を支えるために首の前側の胸鎖乳突筋が緊張し、頭全体の頭重感を起こす頭痛が起こったと思われます。

姿勢改善のため背骨と筋肉に対するカイロプラクティック治療を行いました。

筋緊張性頭痛は筋肉の過緊張を改善すると、ある程度少ない回数で改善することが多いようです。

姿勢の改善は自由に動く関節と、柔軟な筋肉が必要になってきます。

この部位の改善には5、6回のカイロプラクティック治療が必要になりました。

肩こりがひどくなると頭痛がするという方は、肩こり腰痛防止ストレッチをおすすめしているので、ぜひカイロプラクターにお尋ね下さい。

カイロプラクティックとは

こんな症状に効果があります

よくお受けするご質問

メディア取材

エーライフ神谷町 カイロプラクティック外来

受付時間
 月〜金/10:00〜20:45(最終受付)
 土/9:00〜17:45(最終受付)
 日曜・祝日/定休日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル5F

日比谷線 神谷町駅 虎ノ門MTビル出口徒歩0分
銀座線【虎ノ門駅】徒歩10分
南北線【六本木一丁目駅】徒歩10分
都営三田線【御成門駅】徒歩10分

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。