Loading...

カイロプラクティック症状別 治療事例

28歳男性 主訴「太ももの後ろ、ふくらはぎのしびれ」

T・Nさん 男性 28歳 会社員

1年ほど前から腰が痛くなり、左の太ももの後ろやふくらはぎに痺れが出るようになりました。

整形外科に行って診てもらったところ、腰椎の「椎間板ヘルニア」と「坐骨神経痛」であると診断されました

牽引治療も試してみたものの足の痺れは消えることは無く、少し良くなった程度でした。

腰からお尻にかけての痛みがなかなか取れず、仕事もデスクワークで一日中座っていなければならないのでとても辛かったです。

手術も考えたのですが、MRIの結果飛び出した椎間板が分離してしまっているとかで、レーザー治療をしても治る可能性が少ないケースだからオススメしませんと言われてしまい、断念しました。


担当カイロプラクターより

今回のケースでは、椎間板ヘルニアによる症状に加え、痛みから逃れるために逃避姿勢をとったことにより起きた2次的な症状がみられました。

仕事中の姿勢も痛みのために真っ直ぐ座ることが出来ず、骨盤を傾けた状態で座っていたため(こういうことを逃避姿勢と言います)に左仙腸関節は完全にロック(動きが悪くなっている状態)されていました。

そのため臀部の筋肉、特に梨状筋は過剰に緊張していました。

今回のケースは椎間板ヘルニアだけではなく、仙腸関節の問題が症状を悪化させていると考えて、カイロプラクティック治療を進めていきました。

最初の3回目くらいまでは、カイロプラクティック治療後は症状が軽減するものの、その効果が持続しないといった事の繰り返しでしたが、日常生活でのアドバイスが実行できるようになって徐々にカイロプラクティック治療の効果も持続するようになりました。

その後10回程度カイロプラクティック治療を行いほぼ改善されたので、現在は2週間に1回のペースでカイロプラクティック治療を行っています。

自己管理が出来るようになればどんどんカイロプラクティック治療の間隔を開けて、最終的には1ヶ月に1回程度のペースまでになれればいいと考えています。

カイロプラクティックとは

こんな症状に効果があります

よくお受けするご質問

メディア取材

エーライフ神谷町 カイロプラクティック外来

受付時間
 月〜金/10:00〜20:45(最終受付)
 土/9:00〜17:45(最終受付)
 日曜・祝日/定休日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル5F

日比谷線 神谷町駅 虎ノ門MTビル出口徒歩0分
銀座線【虎ノ門駅】徒歩10分
南北線【六本木一丁目駅】徒歩10分
都営三田線【御成門駅】徒歩10分

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。