Loading...

メディア掲載事例

『東大新聞社』2006年7.11号

「かばんにこだわりを」執筆

6月のある日の午後、一本の電話がかかってきました。

「東京大学新聞というものですが、取材のご協力をお願いできないでしょうか。」

2時間ばかりの取材を治療院にて東堂総院長が受けることになりました。

議題は「重たい荷物を持つと人間の背骨は歪むのか??」でした。

前日より様々なカバンによるシミュレーションをスタッフ全員で行い、意見を出し合って取材に臨みました。

取材は「リュックとショルダーバックではどちらが身体にはいいのか?」

また身体への負担を軽くする為に、どのようなバックがお勧めされるのか?等が焦点となっていました。

また、さすが勉強熱心な東大生ならではの悩みもあり、「勉強道具が重くてどうしても荷物が重くなってしまいます・・・。」

カバンを持つとたしかに身体のバランスは崩れます。

前かがみになりやすかったり、肩の筋肉を痛めたり、胸の筋肉が緊張したり・・・。

悪いことだらけです。

学生さんには、なるべく重たい荷物は持たないこと、荷物を分けて両手に持つことを話したり、ショルダー(片方の肩がけ)よりはリュックが良いこと、リュックにしても肩のベルトを短く締め、リュックについてる補助の胸のホックを活用することなどが重要であることを伝えました。

また東堂総院長の学生時代の教訓より、「たくさん教科書や参考書を持つことで安心するのではなく、一日に勉強できる分の本の量だけを持っていく方が賢い」など、笑いを交えた話でも盛り上がりました。

東京大学新聞社の方からも熱心な質問が出て、取材は時間を忘れるほどあっという間に過ぎ、最後にはカバンを持った後に緊張しやすい筋肉のストレッチを体験してもらいました。

今回の様な取材は初めてですが、こうやって学生の方々に知ってもらえたり、カイロプラクティックを様々な方面から利用してもらえたりすることは非常に嬉しく思いました♪


カイロプラクティックとは

こんな症状に効果があります

よくお受けするご質問

メディア取材

エーライフ神谷町 カイロプラクティック外来

受付時間
 月〜金/10:00〜20:45(最終受付)
 土/9:00〜17:45(最終受付)
 日曜・祝日/定休日

〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル5F

日比谷線 神谷町駅 虎ノ門MTビル出口徒歩0分
銀座線【虎ノ門駅】徒歩10分
南北線【六本木一丁目駅】徒歩10分
都営三田線【御成門駅】徒歩10分

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。